格式高い日本伝統の神前式を執り行う空間には、かつての「姫の間」を使用。
天まで届くような厳かな雅楽の響きは、その音色を神様が好むといわれる所以です。

  • 島津家の家紋へ向かって廊下を進む先に神殿が。
  • 三々九度のしつらえもおふたりの大切な1日の誓いのために。
  • 伝統美あふれる、艶やかな和の花嫁姿を叶えてくれる。

◆着席/ご両家30名 ◆雅楽/生演奏 ◆神前式