光の持つ可能性を再構築することから始まった空間デザイン。美しいデザインが施された天井が、光に多彩な表情を与える。国内外で高く評価されるデザイナー杉本氏の「素材へのこだわり」が息づく。

♦着席120名〜220名
♦天井高6mの大空間 / ホワイエ、サロン併設

ホワイエも併設

およそ160年の時を超えて、島津久光公の別邸を現代に甦らせた【マナーハウス島津重富荘】は、【和】x【洋】、【いにしえ】x【現代】が融合する洗練のウエディング空間。歴史ある日本建築と洋のインテリアデザイン、現代アートが織りなす和モダンスタイルには、時を超えた美意識が息づいている。
そのコンセプトはそのままに、新たな時代の空気をまとう新会場「グランドボールルーム」が誕生する。空間デザインを手掛けるのは、国内外で活躍するインテリアデザイナー・杉本貴志氏。「光」をキーワードに、独自の世界観で人生の節目となるシーンを華やかに彩る空間に注目が集まる。